最新消息 The News

三共サービス ファクタリングは、安い手数料で自社に合ったファクタリングを提案してくれると人気の会社です。

 

特に、以下のような方におすすめです。

 

  • 手数料をとにかく抑えたい
  • 銀行に断られた自社を何とかしてほしい
  • 相談前に料金の概算が知りたい

 

公式サイトでは、大まかな手数料などが分かる『たった30秒で簡単査定』を提供しているため、手数料などシミュレーションしたい方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

その他、三共サービス ファクタリングの具体的なサービス内容や、実際の口コミなど評判については、このページでご紹介しています。

 

三共サービス ファクタリングの特徴まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金融機関名

 

 

 

 

株式会社 三共サービス

 

 

 

 

2社間ファクタリング可否

 

 

 

 

 

 

 

 

2社間ファクタリング手数料

 

 

 

 

5%~ (手数料は売掛先、支払いサイト毎に提示)

 

 

 

 

3社間ファクタリング可否

 

 

 

 

 

 

 

 

3社間ファクタリング手数料

 

 

 

 

1.5%~(手数料は売掛先、支払いサイト毎に提示)

 

 

 

 

事務手数料の有無

 

 

 

 

 

 

 

 

資金化までの期間

 

 

 

 

最短2日

 

 

 

 

最低取り扱い額

 

 

 

 

50万円

 

 

 

 

最高取り扱い額

 

 

 

 

3,000万円

 

 

3社間ファクタリングの留保金と掛け目

 

三共サービス ファクタリングを利用して3社間ファクタリングを行う場合、保留金と掛け目について把握しておかなくてはなりません。

 

保留金と掛け目の具体的な料率は,それぞれ以下のとおりです。

 

  • 留保金: 原則として売掛金の10%
  • 掛け目: 実際の売掛金から留保金を引いた金額

 

留保金とは、契約時にあらかじめファクタリング会社から手数料とともに差し引かれる預り金のことです。

 

売掛債権が回収できなかったときのことを想定した保証金のようなもののため、売掛金の回収完了後は手元へ戻ってきます。

 

一時的に預ける留保金に対し、掛け目とは、対象となる売掛債権を「いくらまで買い取り可能か」表す割合です。

 

たとえば500万円分の売掛債権があった場合、ファクタリングで実際に買い取ってもらえる範囲は満額の500万円ではありません。

 

三共サービス ファクタリングでは掛け目を売掛債権より留保金10%を差し引いた金額としているため、500万円の売掛金のうち450万円が買い取り対象となります。

 

実際に得られるのは更に手数料を差し引かれた後の金額ですが、ファクタリングを利用するときは留保金と掛け目も意識しましょう。

 

2社間ファクタリングの買取り可能金額

 

ファクタリングサービスの利用を売掛先に知られたくないときは、2社間ファクタリングが便利です。

 

契約時に売掛先へ通知する必要がなく、後日受け取った売掛金を自社から三共サービス ファクタリングへ支払います。

 

3社間ファクタリングと同様、利用時には以下のとおり売掛債権のうち一定割合が買い取り可能対象となります。

 

  • 買い取り可能金額:原則として売掛金の70~80%
  • 残りの金額:買い取り対象外額のため自社に残る

 

売掛金の満額が買い取り対象とならない点は3社間ファクタリングと同様ですが、留保金を預ける必要がないため、買い取り可能金額を差し引いた金額は手元に残ります。

 

2社間ファクタリングは売掛先から自社で代金回収を行い、後日三共サービス ファクタリングへ支払う取引方法です。

 

支払い時は、買い取り対象外額の分を差し引いた金額となる点に注意してください。

 

三共サービス ファクタリング利用対象者

 

三共サービス ファクタリングの利用対象者は、「売掛債権を持っている」「健全な事業を営んでいる」のであれば、すべての経営者が該当します。

 

赤字経営が続いている会社や、消費税の滞納など問題を抱えている会社からの相談にも応じてくれます。

 

また、基本的にどのような種類の売掛債権であっても利用可能です。

 

一般的な売掛金の他、運送料債権・工事請負債権・診療報酬債権なども申し込むことができますが、以下に当てはまる場合はサービス対象外となります。

 

  • 利用希望者(売り手)が個人事業主
  • 売掛先(買い手)が個人事業主
  • 50万円以下の売掛金
  • 1社あたり3,000万円以上の売掛金
  • 支払い遅延が発生している売掛金

 

申込者あるいは売掛先が個人事業主の場合、三共サービス ファクタリングを利用することはできません。

 

ただし、公式サイトで利用不可と名言されているのは、あくまで『屋号』をかかげている個人事業主のみです。

 

いわゆる一人社長でも、『商号』を使用している(法人化している)場合は利用できる可能性があるため、一度問い合わせてみることをおすすめします。

 

三共サービス ファクタリング契約までの流れ

 

ファクタリングサービスを利用するには、所定の手続きを済ませる必要があります。

 

契約締結までの主な流れは、以下のとおりです。

 

  1. 公式サイトで事前チェック
  2. 問い合わせ(電話・ファックス・メール)
  3. 担当スタッフとの面談(来店・訪問)
  4. 売掛先の審査
  5. 買い取り条件などの最終確認
  6. 契約

 

ファクタリングを検討している経営者の中には、実際に売掛金を買い取ってくれるのか不安な方も多いのではないでしょうか。

 

三共サービス ファクタリングの公式サイトでは、そのような方が気軽に利用できる『たった30秒で簡単査定』を提供しています。

 

事前に大まかな内容を査定しておくと、安心して問い合わせることができます。

 

問い合わせは電話の他にファックスやメールでも受け付けていますが、即座に対応してくれる電話がおすすめです。

 

自社の状況を伝えやすいメリットもあり、後日行われる担当スタッフとの面談がスムーズになります。

 

面談や審査にはさまざまな書類の提出が求められますが、電話であればこまかな疑問にも即座に答えてもらえるため、書類不備を避けることができます。

 

1時間程度の面談後は売掛先の審査を経て、買い取り条件や契約日時など最終確認を済ませれば、いよいよ契約です。

 

ファクタリングが実行され、指定口座に入金されます。

 

三共サービス ファクタリングの審査で必要な必要書類

 

三共サービス ファクタリングのサービスを利用するには、公式サイトでダウンロードできる申込用紙を記入・提出して、担当者との面談を行います。

 

面談後は即座に審査を申し込めるよう、以下の必要書類を持参しましょう。

 

  • 身分証明書(免許証・パスポートなど顔写真付きのもの)
  • 会社謄本(履歴事項全部証明書)
  • 決算書(直近2期分)
  • 売掛先への請求書
  • 成因資料(契約書・納品書・注文書・発注書など)
  • 入出金の通帳・当座勘定表(当座口座を持つ場合)
  • 小切手帳・手形帳(当座口座を持つ場合)
  • 納税証明書

 

会社謄本(履歴事項全部証明書)はコピーしたものの提出で問題ありません。

 

納税証明書は、税金の納付状況によって以下のとおり提出書類が変わります。

 

  • 税金納付済み…納税証明 その3の3
  • 税金分納、未納…納税証明 その1

 

審査に通過した後は契約に進みますが、契約時にも会社謄本と印鑑証明(買い取り先件数による)が必要です。

 

三共サービス ファクタリングのメリット

 

ファクタリングを利用することで、通常は支払い期日まで現金化することのできない売掛金を即座に得られる点が最大のメリットです。

 

現金化した売掛金は貸借対照表において融資扱いとならないため、会社のイメージを守るうえでも役立ちます。

 

更に、複数存在するファクタリングサービス会社の中で、あえて三共サービス ファクタリングを選ぶメリットもあります。

 

たとえば公式サイトに明記されている手数料は、以下のとおり業界でも安価なレベルです。

 

  • 2社間ファクタリング:5%~
  • 3社間ファクタリング:1.5%~

 

他社の場合、20%前後に設定しているところの他、個別見積もりを申し込むまで大まかな料率すら分からないところもあります。

 

月間100件以上・年間1500件以上の会社が三共サービス ファクタリングを選んでいる実績もあり、安心して申し込むことができます。

 

三共サービス ファクタリングのデメリット

 

さまざまな悩みを抱える多くの企業に対応してきた三共サービス ファクタリングは、柔軟性などサービスの質が信頼できる一方、デメリットもあります。

 

  • 法人のみ利用可能
  • 審査が細かい
  • 最短で翌日対応(即日対応ではない)

 

どの業界でもフリーランスとの取引きが珍しくない現代、個人事業主と大口契約を結ぶこともあるでしょう。

 

しかし三共サービス ファクタリングのサービス対象者は申込者も売掛先も法人に限っているため、会社によっては使い勝手が悪く感じるかもしれません。

 

また、『一度のファクタリングで経営・資金繰りの改善を目指しています』と明言しており、提出書類が多いなど審査項目が他社に比べて細かくなっています。

 

そのため最短で翌日の対応となっており、即日入金を希望する方には向いていませんが、経営者の状況に合ったファクタリングを提案してくれるメリットがあります。

 

一度の利用で経営改善できた利用者の割合が92.7%(2019年実績)に及んでいることから、一時的な即日入金よりも長期的な改善を目指す方向けの会社と言えるでしょう。

 

三共サービス ファクタリングの評判は良い?口コミ情報まとめ

三共サービス ファクタリングの評判は良いのか、実際にサービスを利用した方の口コミ情報を調べてみた結果をご紹介します。

 

高評価の口コミは、たとえば以下のような声がありました。

 

<良い口コミ>

 

  • 銀行に断られた自社でも受け付けてくれた
  • 親身に対応してくれたうえ、手数料が安かった
  • 公式サイトで事前にある程度シミュレーションできるのは良い
  • ファクタリング以外の改善点も教えてくれた

 

多くの利用者があげていたのは、やはり手数料の安さです。

 

また、銀行に断られた経験のある方も複数利用しており、中には「銀行で断られたことを伝えたら、何故断られたのかその理由や改善ポイントも教えてくれた」という声もありました。

 

会社が掲げている理念どおり、経営者の立場になって一度のファクタリングで経営改善を目指せるようなサービスをしてくれるようです。

 

一方、イマイチとする声はないのか探してみたところ、若干ですが以下のような声が見つかりました。

 

<悪い口コミ>

  • 細かなところまで調べられるので警戒してしまった
  • 書類審査が細かい
  • 交通費など手数料とは別の費用も請求された
  • 少額向けではない印象だった

 

他社に比べて細かな書類審査は、「しっかりチェックしてくれる」という安心感を呼ぶ一方、やはり人によっては居心地の悪さを感じるようです。

 

また、中には遠方への出張対応だったのか、交通費を請求されたため断ったという口コミもありました。

 

安い手数料とはいえ、交通費など別の費用も含めると少額の売掛金を現金化するには向いていないと感じた経営者の声もあり、ある程度まとまった金額を希望する方向けと言えます。

 

三共サービス ファクタリングの評判まとめ

 

一度の利用で根本的な経営改善を目指せるよう、三共サービス ファクタリングは経営者の状況を理解したうえでサービスを提案してくれます。

 

最短で翌日対応となるため「今日中に現金がほしい」という方には向いていませんが、長期的な目で見て経営状況そのものを改善したいと望む方におすすめです。

 

業界最安値レベルの手数料で利用でき、売掛債権を自社の状況に合わせた方法で現金化したい方は、三共サービス ファクタリングを検討候補に加えてはいかがでしょうか。